北九州小倉のレトロな映画館「昭和館」は、昭和の空気で満ちていた。

昭和レトロな場所訪問

ほとんどの映画館がシネコンと化した現在、昔ながらの個人経営の映画館など絶滅危惧種となっています。

そんな希少な映画館が、福岡県北九州市の小倉駅近くに存在しています。

「昭和館1・2」です。

大通りから脇に入った路地にひっそりと存在しています。

昭和館は、昭和館1と昭和館2に分かれていて、

昭和館1が洋画、昭和館2が邦画を上映しています。

最近のシネコンでは、チケット売り場も無人化されているので、

チケット売り場で、チケットを買う行為が新鮮に感じたほどです。

今回は、洋画を上映している「昭和館1」の方へ行ってみました。

ブルーに生まれてと永遠のジャンゴという2本を鑑賞しました。

料金は、2本立てで1,100円という良心的な価格設定です。

この何とも言えない懐かしさが漂う館内が、たまりません。

映画監督や俳優など、多くの有名人が訪れています

とにかくサイン色紙の数がスゴイです。

昭和14年から現在まで続いている映画館が、他にあるでしょうか?

2階へ続く階段を上ってみます。

階段の手前の扉からも館内へ入れます。

2階の入り口から入ると、こんな感じで客席を見降ろせます。

映画が始まる時に、ブザーが鳴りました。

そう言えば、シネコンでは無い頃の映画館では、必ずブザーが鳴っていた事を思い出しました。

カーテンも開くと最高だったのですが、この映画館にはカーテンはありませんでした。

鑑賞した映画は、どちらも実在のミュージシャンの生き様を題材にした映画でした。

2本立てを観る事自体、本当に久しぶり(20数年ぶり)でしたが、

昭和の雰囲気を残す、この映画館で鑑賞出来た事は、非常に感慨深いものがありました。

また訪れたいと思う映画館です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました